赤ちゃんのストロー水筒に、ピジョン『マグマグ』がおすすめ | 育児便利グッズ #26

こんにちは、主夫パパこと沢田一休です。

今回注目する育児のお悩みは、お出かけ時の水分補給に欠かせない水筒選びについて。

主夫パパも息子たちと外出するときは必ず、おむつバッグに水筒を入れていきます。(自販機などで買うこともありますが、もったいないですし、ジュースになりがちなので……苦笑)

5歳の長男は魔法瓶の水筒に、3歳の次男はストロー水筒にお茶かお水を入れますが、ときどき起こるのが、ストロー水筒の中身が“かばんの中で漏れる”トラブルです。

これまで何種類かストロー水筒を使ってきましたが、なかなか「これ」というものに出会えず、ビニール袋に入れるなどして、ごまかしながら使っています。

同じような状況のお父さんお母さんへ。

主夫パパが100人以上の先輩ママパパに『お悩み解決系育児グッズ』を調査する中でおすすめされた、ピジョン『マグマグ』を紹介します↓


ピジョン Pigeon マグマグ セット 3ヵ月頃から 発達にあわせた4種類の飲み方トレーニング

→Amazonで見る

→楽天市場で見る

→Yahoo!ショッピングで見る

【先輩ママの評判】液漏れの心配がなくお出かけのストレスが減った、成長に合わせて飲み口を変えられる!

まずは、実際に主夫パパが先輩ママパパに聴いた『マグマグ』の評判(評価・口コミ・レビュー・経験談など)を紹介します。


他社製のマグを使っていたが、ちゃんとふたをしたつもりでも液漏れが多く、よく鞄がベチャベチャになった。『マグマグ』を使うようになり、お茶を持ち歩くのが苦にならなくなった。液漏れの心配がなくなったことで、お出かけのストレスも減った。
(広島県 Nさん 41歳 長男8歳 長女6歳 次女3歳)


生まれてからずっと母乳のみで育てていたら、哺乳瓶を受けつけなくなり、お茶などの水分を取る方法に悩んでいた。『マグマグ』は成長に合わせて飲み口(乳首→スパウト→コップ→ストロー)を変えられるので、本体はそのままでいろいろ試すことができた。中身がこぼれることはなく外出時も安心だった。規格が統一されていて、どこにでも売っている点も良かった。
(神奈川県 Cさん 32歳 長男4歳 次男0歳)


夏の暑い時期など、お出かけ時の水分補給が大変だった。小さいうちはペットボトルを上手に飲めないし、紙パックを押しつぶして中身をこぼすことも多々あった。『マグマグ セット』を購入してから、幼児期まで水分補給で困ることがなくなった。持ち手の付いている哺乳瓶タイプは、何回か飲ませるうちに自分で飲めるようになり手間が省けた。ストロータイプに切り替えてからも、ひっくり返しても中身がこぼれる心配はなく、車やお店の中でも安心して持たせることができた。パーツを分解でき、電子レンジで加熱・消毒できる点も良い。ストローを噛んでボロボロにしても、どこの育児用品店にもスペアパーツが売っていて助かった。
(千葉県 Oさん 30歳 長女9歳 次女7歳 三女4歳)


※各コメントは、主夫パパ(盆と正月 Bon & New Year)がインターネット上で実施した「これは助かった育児グッズ Best 5」調査結果(n=135:未就学児のママ131名、同パパ4名回答)からの抜粋です。先輩ママパパ個人の経験・見解に基づくことをご理解ください。

なるほど

なるほど~~(感銘)

先輩ママパパのコメントから、主夫パパの心に響いたポイント(+感想など)をまとめると、

  • 液漏れの心配がなくなり、お茶を持ち歩くのが苦にならなくなった(その気持ち、よくわかるね!)
  • 成長に合わせて飲み口(乳首→スパウト→コップ→ストロー)を変えられる(水筒本体をいちいち買い替える手間がなくていいね!)
  • 電子レンジで加熱・消毒できる(使い勝手の良さは重要だね!)
  • ストローなどのスペアパーツが簡単に手に入る(なくしたとき、壊れたときも安心だね!)

主夫パパとしては、先輩ママパパの「液漏れの心配がない」「ひっくり返しても中身がこぼれない」というコメントを見ただけで、優秀な水筒だなと思います。何より基本の性能だと思いますので。

正直、ストロー水筒のようなシンプルな商品において、大きな差別化は図りづらいだろうなと想像します。

だからこそ、飲み口の交換が容易だったり、交換パーツや商品そのものが手に入りやすかったりすることは、地味ながら購入の決め手になり得るメリットだと思います。

『マグマグ』は現在、下記5種類のバリエーションがあります。

  1. マグマグ ベビー:哺乳の研究から生まれた「母乳実感」乳首がついたカップ、3か月ごろから
  2. マグマグ スパウト:乳首以外の飲み口に慣れるための柔らかいスパウト、5か月ごろから
  3. マグマグ コップ:コップ飲みのトレーニングにおすすめ、8か月ごろから
  4. マグマグ ストロー:ストロー飲みのトレーニングにおすすめ、8か月ごろから
  5. マグマグ セット:1~4の全ての飲み口に変更できるセット、3か月ごろから

『マグマグ』の最新価格・在庫状況は、各ショッピングサイトでご確認ください↓


ピジョン Pigeon マグマグ セット 3ヵ月頃から 発達にあわせた4種類の飲み方トレーニング

→Amazonで見る

→楽天市場で見る

→Yahoo!ショッピングで見る

【おまけ】ピジョン『マグマグ』公式情報まとめ

ちなみに『マグマグ』の公式サイトを見ると、いろいろとメーカーのこだわりが書かれています。

主夫パパの気になった情報(+感想・補足など)をまとめると、

  • 赤ちゃんが“飲む”ことを覚える4つのステップに対応(1.自分でマグを持つ、2.乳首やおっぱい以外の飲み口、3.母乳やミルク以外の飲み物、4.飲み口に合った飲み方とのこと)
  • 煮沸・レンジ・薬液消毒が可能です(ストローチューブは薬液消毒のみ可能とのこと)
  • カップの底部をすべりにくくコーティング(倒れてこぼれる可能性にも配慮されているね!)

公式サイトには、使い方動画などもあり、購入前に目を通しておくと安心感があります↓
https://pigeon.info/babyfood/magmag/

Written by 沢田一休(盆と正月 Bon & New Year 代表)

あわせて読みたい「お出かけ」のおすすめグッズ

「大人用の椅子がベビーチェアに」「軽量でコンパクト」「安心して外食できる」と先輩ママパパが絶賛する、日本エイテックス『キャリフリー チェアベルト』を取り上げました↓

子連れランチカフェでベビー椅子がない!ならば『チェアベルト』

「腰・肩の負担が少ない」「赤ちゃんが寝てくれる」「丈夫で長年使用できる」と先輩ママパパが絶賛する、抱っこ紐『エルゴベビー』を取り上げました↓

抱っこの肩こり腰痛を緩和したい!ならば『エルゴベビー』

「子どもの手を握りながら反対の手で持ち運べるほど軽い」「開くのも畳むのも簡単」「小回りが効く」と先輩ママパパが絶賛する、ベビーカー『ポキット』を取り上げました↓

もっと軽いコンパクトなベビーカーを!ならば『ポキット』

主夫パパの『お悩み解決系育児グッズ』研究所で紹介している30以上のおすすめグッズ(過去記事)を、授乳/離乳食/寝かしつけ/お出かけなどのカテゴリー別にまとめた総集編です↓

【赤ちゃん子育ての便利グッズ30選】ワンオペ育児にもおすすめ!